Page Top

家族の方へ

両親の万が一を考えて
空き家相談士が一緒に問題を解決します

成年後見制度と任意後見制度について

不動産を所有する両親が認知症や病気、事故などで自ら判断ができず、所有する不動産が空き家になるリスクがある場合、家族は 『成年後見制度』または『任意後見制度』を利用して不動産の管理・保護ができます。

成年後見制度
認知症は病気、事故などで自らの判断ができなくなった場合、財産管理など関する事務について、家族などが引き受けて不動産の管理・保護を行います。
任意後見制度
本人の判断能力があるうちに、将来、自らの判断能力が低下した場合における財産管理など関する事務について、信頼できる方に依頼し、引き受けてもらう契約を結びます。

家族信託について

不動産を所有する両親が認知症や病気、事故などで自ら判断ができなくなる前に、生前贈与や、財産の運用・処分をして相続税対策を したいというような場合には「家族信託」を利用して不動産の管理・保護ができます。

家族信託
本人の判断能力があるうちに、将来、自らの判断能力が低下した場合における財産管理など関する事務について、信頼できる方に依頼し、引き受けてもらう契約を結びます。

空き家活用ブログ

  • 空き家の活用法~民泊編~

    2019年12月15日

    誰も住んでいないままに放置している空き家をどうにかしたい!そう考えてはいるけれど活用の仕方が分からない、と悩んでい…

  • お家を家族に任せる家族信託

    2020年1月20日

    家族信託という言葉をご存知でしょうか。
    これは簡単に言うと、不動産を所有する両親が認知症や病気、事故…

  • 実家が空き家になる前にするべき事

    2020年3月10日

    高齢化が進み、それと同時に核家族化が進む日本。 遠く離れた子供世帯の家へ移り住んだり、高齢者用の施設への入居をし…

ブログ一覧へ

Newsお知らせ

2019年9月10日ホームページオープンしました
大阪空き家相談士のホームページはオープンしました。空き家に関する相談お待ちしております。ご相談はメールかお電話でお願いいたします。
Copyright © 2019-大阪 空き家相談士 All Rights Reserved.