Page Top

空き家に火災保険ってつけられる? | 【大阪】空き家相談所 | 空き家の利用・活用・管理・売却等、空き家問題解決のためのスペシャリスト

空き家活用ブログ

空き家に火災保険ってつけられる?

2020年1月10日

通常の火災保険が適用されない空き家への保険。
どのように結べばいいのか分からない、とそのままにしている方も。
そもそも空き家に火災保険って付けられるの?という疑問にお答えします。

空き家に保険の必要性?

人が住んでいない家に保険なんて掛ける必要があるの?と思う方もいらっしゃいますが、
実は空き家ならではのリスクがそこには潜んでいます。
チラシやDMなどが溢れるポストは放火犯の目に留まりやすく、住人もいないため人の目が行き届きにくいので放火犯に狙われやすいことも。
管理がされていても古い空き家の場合は漏電などの危険性もありますし、近隣からのもらい火で火事になる可能性もあるのです。

また、火災で建物が焼けてしまったとしても人が住んでいない空き家ならばまた建て直す必要はありませんが、
近隣に延焼した場合や、火事ではなく台風や地震の影響で人を怪我させてしまったなど、様々なリスクは発生します。
全焼を免れたとしても家の中は消火活動の影響で使えなくなる事がほとんどです。
燃え残った家具や家財の処分費、焼けた家屋の解体費用、ご近所への見舞金などを支給される保険のタイプもありますので、
幅広い補償をつけたい場合は希望に合わせたものを調べてみましょう。

人が住む予定があるかで変わる火災保険

現在居住していないけれど、今後住居として住む可能性がある場合、保険会社によっては保険契約を結べるところもあるようです。
所有している空き家に人が住んでいない家屋は店舗や事務所といった扱いになり、一般的な火災保険に比べ割高になる可能性があります。
建物が廃屋のようになっていたり、しっかりと管理が出来ていない場合はそもそもの契約自体が出来ない場合も。

継続している火災保険

人が住んでいた時からの火災保険を継続している場合はどうでしょうか。
空き家となった事を保険会社に通知していないと、保険料は継続して支払続けても空き家対象外の保険の場合も。
そのため、火災や自然災害があったとしても保険金が支払われないこともあるので、一度しっかりと確認を。
今の家が空き家になっても現在入っている火災保険は対象となりますか?とカスタマーに確認し、書類を見返す事も必要です。

まとめ

今回は空き家の火災保険についてご紹介しました。幅広い補償を受けたい、
逆に費用はなるべく抑えたい、などご希望は様々あるかと思います。
何か起きてからでは手遅れになる場合もありますので、火災だけの保険だけではなく、
地震や台風といった自然災害にも対応している保険を一度検討してみるのはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

空き家活用ブログ

  • 特定空き家にならないために

    2019年12月19日

    実家で暮らすご両親が亡くなった後の事を考えた事はありますか?子供が独立し、実家を離れてしまう過疎化により、地方では…

  • 空き家をそのままにしてる事で起こるトラブル

    2019年12月25日

    少子高齢化などの影響を受け、所有者が施設へ入所したり亡くなった後に放置されたままの空き家が全国で増え続けています。…

  • 空き家について聞きたいこと その2

    2020年2月28日

    空き家、というと古びた家屋を想像する方も多いと思いますが、昨今はその空き家に住みたいと考える人も少なくありません。…

ブログ一覧へ

Newsお知らせ

2019年9月10日ホームページオープンしました

大阪空き家相談士のホームページはオープンしました。空き家に関する相談お待ちしております。ご相談はメールかお電話でお願いいたします。

Copyright © 2019-大阪 空き家相談士 All Rights Reserved.