Page Top

空き家のお手入れ | 【大阪】空き家相談所 | 空き家の利用・活用・管理・売却等、空き家問題解決のためのスペシャリスト

空き家活用ブログ

空き家のお手入れ

2019年12月22日

空き家にはメンテナンスが必要ですが、清掃と確認といっても具体的にどのようにすればいいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はポイントを絞って、定期メンテナンスのポイントをご紹介します。

1.まずは換気

スリッパを着用して部屋に入るとまずは換気です。
窓やドアは勿論、タンスや戸棚など全ての戸を解放して空気を入れ替えます。
こうする事により湿気が取り除かれ、カビの繁殖が防げます。
虫が入る可能性があるので網戸は閉めましょう。久し振りの訪問の場合はホコリ対策のため、しっかりと軍手を着用しましょう。

2.ポストの確認

家中の換気を行っている間に家周りの事を済ませましょう。
ポストにチラシやDMは溜まっていませんか?不要なものは処分し、溜め込まないようにしましょう。
ポストにチラシやDMが溜まっていると一目で空き家だと分かり、放火のターゲットや犯罪の温床になることも。
ポストを塞いでしまうのも一つの対策です。

3.庭の確認

庭の木が大きく伸び育ち道路にはみ出したなど、トラブルの要因になりかねません。
枝が伸びすぎている場合は剪定を行ったり、無理な場合は業者を手配し、必ず対策を心がけましょう。
また、成長してからでは業者を呼んだり対策が大変…となる場合も。早め早めに対応を。

4.水道メーターの確認

空き家であれば水道メーターは止まっているはずですが水漏れの確認は必要です。
メーターについているパイロットマーク(コマ)は水道の蛇口が開いていると回転するので、もしこのコマが少しずつでも回転がしていたら水漏れしている可能性も。その場合は業者に依頼する事をおすすめします。

5.周辺の確認

次は建物の確認です。ひび割れや雨漏りをしている場所はないか、外壁やブロック塀など目で見て確認を。
ひび割れ箇所や腐食してしまっている場所は後日対策用に撮影をして記録をしましょう。
ブロック塀に関しては目で見て触って確かめる事が重要です。
問題が無さそうに見えても触るとぐらぐら、など危険を含む事も。しっかりと確認しましょう。

6.ゴミ拾い

周辺確認をしながら周囲に落ちたゴミを集めます。持ち帰れるゴミは持ち帰って処分を。
持ち帰れないようなものは見えない場所に移動させておきましょう。

7.家の中の戸締りを

外の確認が終われば家の中です。
換気のために開けていた戸を全て閉じ、天井に雨漏りの跡がないかを確認しながら軽く清掃を行ってください。
水道が使用可能な状態であれば、一分間ほど水を流し悪臭の予防を。
水道が使用出来ない場合は排水溝に蓋をしておきましょう。
しっかりと全ての戸を閉め、鍵をかけた事を確認してください。

以上が簡単なメンテナンスのご紹介です。
こちらを最低でも月一回行っていれば、『特定空き家』に指定される可能性も低いのではないでしょうか。
ですが、自分で無理のないペースで行う事が大切ですので、自身でのメンテナンスが負担になって来たら是非ご相談ください。

一覧へ戻る

空き家活用ブログ

  • 実家が空き家になる前にするべき事

    2020年3月10日

    高齢化が進み、それと同時に核家族化が進む日本。 遠く離れた子供世帯の家へ移り住んだり、高齢者用の施設への入居をし…

  • 外国人労働者と空き家

    2020年1月25日

    現在日本で働きたいと就労を希望する外国人が増えているのをご存知ですか?
    日本国内でもその受け入れをし…

  • 近所の空き家をどうにかしたい!

    2020年2月5日

    近所にあるもう誰も住んでいない空き家でお悩みではありませんか?
    「近所に危ない空き家があるけれど誰の…

ブログ一覧へ

Newsお知らせ

2019年9月10日ホームページオープンしました

大阪空き家相談士のホームページはオープンしました。空き家に関する相談お待ちしております。ご相談はメールかお電話でお願いいたします。

Copyright © 2019-大阪 空き家相談士 All Rights Reserved.