Page Top

空き家の活用法~民泊編~ | 【大阪】空き家相談所 | 空き家の利用・活用・管理・売却等、空き家問題解決のためのスペシャリスト

空き家活用ブログ

空き家の活用法~民泊編~

2019年12月15日

誰も住んでいないままに放置している空き家をどうにかしたい!そう考えてはいるけれど活用の仕方が分からない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。増え続けている空き家について、所有している人は活用方法に悩んでいますが、実は活用して欲しいと願っている人もいる事をご存知でしょうか。誰も住んでいないままに放置している空き家をどうにかしたい!そう考えてはいるけれど活用の仕方が分からない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。増え続けている空き家について、所有している人は活用方法に悩んでいますが、実は活用して欲しいと願っている人もいる事をご存知でしょうか。

今回はそんな願いについてご紹介していきます。

そもそも民泊って?

東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてインバウンド(訪日外国人旅行者)が増えている日本で、現在ニーズが高まっている民泊。急激な外国人観光客の増加により、宿泊施設の不足が顕在化したため、受け皿として民泊が注目されました。国内でも定着を見せ始めた民泊ビジネス「Airbnb(エアビーアンドビー)」も管理が楽な点がメリットと考える所有者が多いようです。

これまで民泊を営むためには旅館業法と同じく設備を備えた上体で許可を得ることが必要でした。安全面や衛生面の確保、近隣トラブルなどに対応するための民泊新法が2018年6月に施行されました。これは一定のルールのもと、健全な民泊サービルを確立させることが目的となっています。

これは空き家を活用し、トラブルの多かった民泊を合法的に行う事を認めた法律です。一定の基準を満たす住宅について、届出手続を行うだけで民泊営業を開始することを認めるものであり、簡単な手続きで空き家を活用する事が出来ます。

では民泊に向いている物件、立地はどうでしょうか?

マンションの一室、となると建物自体が民泊を許可していないと運営は出来ません。近頃では一軒家の空き家をリノベーションし一泊あたりいくら、という形で貸し出しをしている形態もよく見受けられます。賃貸契約を結ぶと一年から二年の賃貸料が毎月入って来る賃貸とは異なり、借り手がつかないといけませんが、同じだけの稼働日数なら賃貸料よりも宿泊料の方が高くなることも見逃せません。

また、立地については競合が多くいる地域ですと同じような物件の場合、より安い方へ人は流れがちですが、周辺に宿泊施設が少ない地域ですとその需要は高まります。

とても手軽で有意義に空き家を活用出来そうな民泊ですが、一方でトラブルの報告も挙がっています。破損、汚損や備え付けてあったドライヤーなどの備品が無くなっている…といった声もちらほら。宿泊料金に含まれていると思い持ち帰る外国人の方もいるそうです。予めこれは料金に含まれていないと説明をしておくことも大切です。

空き家を民泊として運用するメリット、デメリットを踏まえてよく考えて活用していきましょう。
今回はそんな願いについてご紹介していきます。

一覧へ戻る

空き家活用ブログ

  • 実家が空き家になる前にするべき事

    2020年3月10日

    高齢化が進み、それと同時に核家族化が進む日本。 遠く離れた子供世帯の家へ移り住んだり、高齢者用の施設への入居をし…

  • 阿倍野の空き家事情

    2020年2月10日

    実は多い阿倍野区の空き家

    昨今の日本で増え続ける空き家ですが、人口が多ければ多い地域ほど空…

  • 空き家をどうにか活用したい!

    2020年1月5日

    維持費や衛生面対策、防犯対策だけでも年間に相当な金額がかかって来る空き家。
    近頃は都内や都市部といっ…

ブログ一覧へ

Newsお知らせ

2019年9月10日ホームページオープンしました

大阪空き家相談士のホームページはオープンしました。空き家に関する相談お待ちしております。ご相談はメールかお電話でお願いいたします。

Copyright © 2019-大阪 空き家相談士 All Rights Reserved.