Page Top

空き家について聞きたいこと | 【大阪】空き家相談所 | 空き家の利用・活用・管理・売却等、空き家問題解決のためのスペシャリスト

空き家活用ブログ

空き家について聞きたいこと

2020年2月20日

空き家、というと問題のある古びた家屋を想像する人が多いのではないでしょうか。
ですが全ての空き家が問題のある空き家、という訳ではありません。
手入れがされず、管理がされないままに放置された空き家が問題とされています。
今回は空き家に関するよくある質問をご紹介します。

どんな事が問題に?

人が住まなくなった家屋は驚くほど早く老朽化が進みます。
屋根の瓦が落ちていたり、外壁はヒビが入り崩れていたり、と周辺を歩くだけで危害を与える可能性があります。
不法投棄などもあり、悪臭が漂うためその周辺に住む事が苦痛になったという声も。
このように近隣住人への迷惑が主に挙げられますが、その他地域の治安悪化や放火の危険性など、正しく手入れがされていない空き家は様々な問題を抱えています。

所有者の責任とは?

屋根の一部、壁の一部が落下し、誰かに怪我を負わせてしまった場合、その責任は所有者にあります。
損害賠償や管理責任を法的に問われる場合がありますので、たとえ空き家であっても適切に建物や敷地の管理をする必要があるのです。

空き家を貸し出す、もしくは売るには?

売却や賃貸に関しては不動産業者に委託するのが一般的です。
地域の空き家バンクなどの活用もそのひとつです。
いつかその家に住もうと考えている場合には、一時的に貸し出して人の出入りを促すことにより、
劣化の進行を遅らせる事が出来ます。

空き家を解体するには?

解体には解体業の許可を持つ専門業者に依頼が必要です。
自治体が補助制度などを設けている場合もありますので、空き家のある町の自治体に一度相談してみるといいかも知れません。
また、金融機関で住宅解体の際の融資を行っている所もありますので、併せて相談すると負担が減る可能性も。

買いたい空き家があるのですが…

まずは所有者に連絡を取る必要があります。
所有者が空き家の近くに住んでいて連絡が取れる可能性は低いため、時間がかかる場合があります。
また、自治体での空き家購入補助などもありますので、自治体窓口で相談をしてみてください。

今回はよくある質問をご紹介しました。
空き家を所有している方も、これからする方も、まずはどのように活用していくのかを考える事が先決です。
また、自治体や業者への相談をご紹介していますが、勿論空き家相談士でも構いません。
いつでもご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る

空き家活用ブログ

  • 空き家が減らない理由

    2020年2月1日

    近頃周りを見渡せば新しい家が建築中…といった事は皆さんの日常でもよくある景色ではありませんか?
    現在…

  • 空き家について聞きたいこと その2

    2020年2月28日

    空き家、というと古びた家屋を想像する方も多いと思いますが、昨今はその空き家に住みたいと考える人も少なくありません。…

  • 空き家をメンテナンス

    2019年12月20日

    空き家を維持するために必要なメンテナンス。
    これは単に管理をするということだけではなく、保守、修理、…

ブログ一覧へ

Newsお知らせ

2019年9月10日ホームページオープンしました

大阪空き家相談士のホームページはオープンしました。空き家に関する相談お待ちしております。ご相談はメールかお電話でお願いいたします。

Copyright © 2019-大阪 空き家相談士 All Rights Reserved.